icatch_sns

社内SNSとは?

今や誰でも一度は利用したことがあると言っても過言ではない「Facebook」や「Twitter」、「mixi」等に代表されるソーシャルネットワークサービス(SNS)。

社内SNSとは、SNSを社内のコミュニケーションツールとして企業が導入しているネットワークのことです。近年少しずつ企業において導入が進んでいます。
現在人々の中に普及している一般的なSNSのように

  • 朝、出社したらまず社内SNS(ホウ・レン・ソウ)にログイン。
  • 業務時間中は社員同士が社内、社外、場所に関わらずいつでもタイムラインで連絡事項や業務情報を確認。
  • 様々な意見交換や連絡もSNS(ホウ・レン・ソウ)上でチャットのように気軽に。
  • 業務終了前には日報をSNS(ホウ・レン・ソウ)に投稿。

場所・時間を問わず日常的に利用することができます。

「社内の中心にSNS(ホウ・レン・ソウ)がある」

ことで情報が集約され情報共有をよりスムーズに行う
ことができます。

社内SNSのオススメポイント

point1 利用は基本社員のみ

社内SNSの利用は基本的に企業の社員に限定されます。
閉じられたネットワーク内で安全に業務に関わる情報を交換することができます。

point2 社内の情報管理がルール化できる

社内SNSを利用することで、 「報告方法のルール化」、「書類管理方法のルール化」、「情報管理方法のルール化」を行うことができます。
ルールの共通利用によって部署やプロジェクトチームの枠を超えた情報共有が可能になり、社内の「見える化」が実現できます。

point3 社員の繋がりから生まれる「+」

社内SNSを利用することで社員は、部署やプロジェクトチーム、業務の拠点といった枠を超えてつながることができます。
同じ目的を持った社員同士が自発的な協力関係を築くことにより、社内のコミュニケーションの活性化され、今までにはない沢山のアイディアが生まれ、業務においてより大きな成果を生むきっかけとなります。

お問い合わせ・ご質問はお気軽にご連絡ください!

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
pagetop